ハイパーマッスルHMBとビルドマッスルHMBとの比較

 

ハイパーマッスルHMBとビルドマッスルHMBとの比較

ハイパーマッスルHMBは他のHMBサプリと比べて、どのような違いがあるのでしょうか。

 

今回はビルドマッスルHMBとメタルマッスルHMBの二つと比べてみました。

 

最初はビルドマッスルHMBとの比較をしてみたいと思います。

 

 

 

ハイパーマッスルHMBとビルドマッスルHMBとの比較表

 

ビルドマッスルHMBは、日本においてのHMBサプリの先駆けとも言えるサプリであり、その知名度は抜群。

 

多分一番有名はHMBサプリだと思います。

 

そんなビルドマッスルHMBとの比較を表にしてみました。

 

  ハイパーマッスルHMB ビルドマッスルHMB
HMB含有量 1,937.5mg 1,500mg
サポート成分

BCAA
トンカットアリ
亜鉛

BCAA
グルタミン
フェヌグリーク
トンカットアリ
シニュリンPF
バイオペリン

初回価格 980円 500円
通常価格 8,800円 7,900円
継続コース価格 6,480円 5,925円
継続期間 なし 3か月
返金補償期間 15日間 90日間

 

ハイパーマッスルHMBとビルドマッスルHMBとの比較

比べてみると、ハイパーマッスルHMBとビルドマッスルHMBではサポート成分や価格、返金補償期間でビルドマッスルHMBのほうが優れているのが分かります。

 

HMB含有量では、業界の中でもトップクラスのハイパーマッスルHMBが圧倒的に勝っています。

 

しかしサポート成分は、ビルドマッスルHMBのほうが、より多くの成分を配合しているようです。

 

グルタミンは筋肉の分解を抑制してくれる成分なので、筋トレにはお勧めの成分として知られており、他の成分は脂肪燃焼効果がある成分を配合していますので、脂肪を減らしと筋肉を増やしたいという人にお勧めです。

 

価格は、初回購入価格、通常価格、継続価格ともにビルドマッスルHMBのほうが安いことが分かります。

 

基本的に継続コースを頼む人が多いと思いますが、ハイパーマッスルHMBのほうが500円程度高くなっています。

 

継続期間は、最低でもこの期間は買ってくれという縛りのようなものです。

 

ビルドマッスルHMBが3か月なのに対し、ハイパーマッスルHMBは継続期間の定めがないので、いつでも好きな時に止めることができるというメリットがあります。

 

最後に返金補償期間ですが、こちらはビルドマッスルHMBの圧勝と言えるでしょう。

 

初回から数えて3か月間は返金が効くので、自分に合わないと感じたらすぐに返金することができます。

 

特にサプリというものは効果に個人差があるものです。

 

返金補償期間が長いほうが安心して購入することができると思います。

 

まとめると、継続期間の縛りなく、なおかつHMBの含有量を重視するならばハイパーマッスルHMB。

 

なるべく安く、自分に合わなかった場合の保険も考えるのならビルドマッスルHMBのほうがいいということになります。